2015年11月6~8日 雪むこうの女の手仕事展開催中

Scan1
白い雪の向こうで生まれ伝えられている丁寧に美しく紡がれた工芸品があります。
厳しい環境の中で先人の女性たちが生活と心の糧として繋げてきた「知恵と感性」のひとつひとつ。
青森の歴史と文化から生まれ自然の恵に感謝し美しさに癒されながら育まれた手仕事の技は、人知れず輝きを放ち、作り手と使い手の美意識に支えられ工芸品として昇華継承されてきました。
祖母から母へ、母から娘へ受け継がれる誠実で美しい手仕事の作品は、
ひとひらの花びらのように時代を超えて尚、私達の暮らしに潤いを与えてくれます。
[パンフレットより抜粋]
DSC_0592
青森県には、たくさんの美しい伝統工芸品があります。2015年11月6~8日、弘前市立百石町展示館で開催されています、雪むこうの女の手仕事展にも、多くの津軽塗の作品を展示・販売しております。
また、2階では、津軽塗テーブルコーディネート展示も行っておりますので、ぜひお立ち寄りくださいませ。
DSC_0566
DSC_0567
DSC_0569
DSC_0577
DSC_0583
DSC_0576
DSC_0580

【雪むこうの女の手仕事展】
日程:平成27年11月6日(金)~11月8日(日)
会場:弘前市立百個木町展示館
時間:10:00~18:00(最終日は16:00まで)
同時開催:2階 津軽塗テーブルコーディネート展示&工芸品販売