津軽塗の歴史

津軽地方の伝統工芸品「津軽塗」の歴史

history津軽塗の歴史は三〇〇年以上にわたります。

その基礎は、江戸時代中期、弘前藩第四代藩主津軽信政(1646~1710)の治世に成立した、というのが一般的な説となっています。藩きっての名君として名高い信政は、産業を育成するために、諸国から多くの職人・技術者を招きいれました。

その中の一人、塗師の池田源兵衛は信政の命により、新しい技法の習得のため、江戸に赴くことになります。江戸で源兵衛は、青海太郎左右衛門という職人に師事しました。源兵衛は志半ばにして、江戸で病を得て生を終えますが、息子の源太郎がその遺志を継ぎ、青海太郎左右衛門の下で修業に励みます。
やがて太郎左右衛門も死に、源太郎は師の姓と父の名を受け継いで、青海源兵衛と名乗ることになります。

後に帰藩した源兵衛は、習得した技術に独自の創意を加え、津軽の地で新たな漆器を生み出します。これが津軽塗の基礎となったといわれています。その後、様々な職人が工夫を重ね、次々と新たな塗を生み出していきました。江戸時代を通じ、こうして生産された塗物は、幕府や朝廷・他の大名家や公家への贈答品として、弘前藩に欠かせない重要な工芸品となりました。

明治維新後、これらの塗を総称し、津軽地方の伝統工芸品として「津軽塗」の名が生まれたとされています。明治六年(1873年)には、ウィーン万国博覧会に青森県が「津軽塗」という名称で出品していることが明らかになっています。

その後、弘前に旧日本陸軍第八師団司令部が置かれ、軍都として発展していくのにつれ、津軽塗も大衆化が進み、産業として隆盛を極めます。

太平洋戦争の勃発により、産業としての津軽塗は一時中断しますが、伝統は失われることなく継がれていきます。そして戦後、高度成長時代に合わせて再び活況を取り戻し、津軽塗は現在に至っているのです。